私の生活は、私の給料だけにかかってるわけやから、
仕事を失うのは怖いこと、であるはず。

でもね、ある日を境に
怖くなくなってしもた。

宝くじが当たったわけでもなければ、
副業を始めたわけでもない。

私の少ない給料だけが頼りの生活に変わりはない。

そやけどね、
この年にしてやっと、いろいろ悟ってきてん。



今のデパートに移ってから私は
某ラグジュアリーブランドコスメのカウンターで働いてきた。


しかし、三年目のある日、
このブランドから突然クビを言い渡された。


青天の霹靂である。



FullSizeRender

続く