浪花女のサバイバルinアメリカ

20年の国際結婚に終止符。いつの間にかアメリカ生活27年。 そんな私の日常です。

カテゴリ:

妹きなこが遊びに来てた時のこと。
「今日はな、トイレットペーパー買いに行くで!」

と、突然の宣言。


FullSizeRender


「もうな、気ぃ遣いながら、トイレットペーパー使うのに疲れ果てた!」

???

「アメリカな、紙高いやろ!
そやから、日本とおんなじような勢いで
トイレットペーパーカラカラ回して使いまくるのが
申し訳なくて、申し訳なくて、
気ぃ遣いながら、ミシン目で切り取って使っててん」

知らんかった。

てか、知るよしもない。


「夢にまで出てきた!
じぇにたんにトイレットペーパー買うてあげる夢。
でも、4ロール入りしか見つからんで、
ウォルマートを彷徨い続ける夢や」

どんだけトイレットペーパーで気ぃつこててん。
夢に見るほどて。

「トイレットペーパーくらい、好きに使うたらええやん。
いっぺんも、ちょっとずつ使えとか言うてへんやん」

「いや、もうな、アメリカの紙高いしな、
じぇにたん貧乏やしな、もうな、
こんな生活うんざりやねん!
今日はトイレットペーパー買いに行くで!
私のおごりや!」

・・・

まあね、確かにアメリカ、紙は高い。

本でも雑誌でもティッシュでも、
日本と比較にならないくらい
低品質にも関わらず、値段は高い。

過去に何度もアメリカに来ているきなこは
そのことを知っているので、
貧乏な姉に気兼ねしていたらしい。

てか、気兼ねしてる奴が
「もうこんな生活うんざり!」とか
「じぇにたん、貧乏やし!」とか
言うんやろか。

果たして、きなこは12ロール入りを意気揚々とお買い上げ。

「これで安心して好きなだけ使えるわ。
じぇにたんも思う存分つこてな!」

「う、うん・・・ありがとう・・・」


美しき姉妹愛、やな。多分。


人気ブログランキング
















「じぇにたん、むしろ、そろそろ終活ちゃう?」


FullSizeRender


FullSizeRender


自称婚活中の私に、
妹きなこが無慈悲な言葉を言い放った。

こいつは、子供の頃から
時々、無邪気にえげつないことを言う。


昔は人生五十年と言われ、
私の年代だと、昔ではなく今だって
もう孫がいる人もたくさんいてるやろうに、
婚活とか、何やってんねん、自分、
と思わなくもない。

きなこの言うことも、
それもそうやと思わされてしまう。


ほんま言うたら、
もう結婚したいかどうかもわからへん。

誰かと付き合いたいかどうかも
この頃はようわからん。


私は一人でバーやレストランで
食事をするのも平気やし、
一人で買い物や映画も平気。

その必要があるなら、どこでも一人で行けるし
苦ではない。

だがしかし、カップル社会のアメリカ。


ちょっと普段と違うことをしたい時、

良いレストランに美味しいもの食べに行きたい、とか
旅行に行きたい、ていう時に
コンパニオン(連れ、相方。友達以上恋人未満?)がいると
非常に都合が良い。

男女ともに、相方がいることで
なんというか、形になるのだ。

ゲイカップルでも、ストレートカップルでも
なんにしても、
友達以上の相方がいてると
かっこがつくのがアメリカ。

そやけど、私の場合
もし男から「コンパニオンが欲しい」
とか言われると
「それやったら、他を当たってんか。
私が探してるのはパートナーやねん」
となってしまう。

パートナーはコンパニオンよりもっと真剣な仲というか、
夫、婚約者、あるいはそこまでいかんでも
真面目に付き合ってる相手、て感じ。

自分が相手をコンパニオンと思うのは良くても
男からそれを言われると
席を蹴立てて、帰りたくなる、いや、帰る。
絶対に帰る。


終活やろ、と言われる年齢になっても
乙女心は複雑にして自分勝手。

てか、婚活と終活、並行してやっていかなあかんのやろかw


人気ブログランキング

このページのトップヘ