毎日のほとんどを英語で過ごしてるわけやが、
もちろん、私の英語には訛りがある。

しゃあない。

日本生まれの日本育ちやねんから。

でも、こないだ感じのわるーーーい客に

「あんたの英語何言うてるかわからんわ!」

と言われた。

ほんまは、そんなわけがない。
だって、彼女とは以前に電話で話してるねんから。

「私はブレンダよ。モーガンと話したいの。代わって」

「モーガンは今、接客中なので、あとで電話かけ直させます」

「ブレンダから電話って言ってよ!」

「でも接客中なんです」

「今、ほんのちょっとも話せないって言うの!?私を誰だと思ってるの!?」

誰って、さっきから、自分でブレンダ、ブレンダ言うとるやないか。

「ブレンダですよね。モーガンには出来るだけ早く、電話かけさせます」

そのあと、同じようなやり取りが延々と続いたあと、
ブレンダは話の途中で、電話を切りよった。


ほんまに彼女が私の英語わからん、と言うなら
電話でなんて、絶対に話せないだろう。

実はブレンダは失礼で意地悪な客として
化粧品売り場では有名で、
皆、彼女を見たらさりげなく隠れるくらい。

モーガンには感謝されたが、
ブレンダは「あのオリエンタル女が電話取り次がんかった!」と
文句を言っていたらしい。

ちなみにオリエンタルはアジア人の私への蔑称だ。



そして、そのブレンダが、再び現れた。
てか、しょっちゅう来るねんけど。


そして私に面と向かって
「あんたの英語、理解できんわ!」
と言い放ったのだ。


IMG_0146



「ごめんなさい」

と私は謝った。


そしてニコニコしながら続けた。

「そうなんですよー、私二か国語以上喋れるから、
アクセントあるんですよねー
それって、英語しか喋れない人にはわからないと思うんですけど。
喋れる言語が英語だけやったら、どんだけ楽やろ思いますわ。
英語って良いですよねー
だって簡単やもん。移民の私でもすぐ覚えちゃったー。
あーはっはっはっはっは」

ほんまは、簡単とは思ってないけど
とりあえず、返り討ちにしたったわ。

この件以降、ブレンダは近寄って来なくなった。

私はいつでもおっけーやでー。
いつでも返り討ちにしたるでー。



IMG_0147