浪花女のサバイバルinアメリカ

20年の国際結婚に終止符。いつの間にかアメリカ生活27年。 そんな私の日常です。

タグ:メイク


彼女がやって来たのは、八時半。
閉店三十分前のことだった。

かなりアルコールが入っている様子だ。



IMG_1127

IMG_1128


「できません」

「え?」

できへんことは、できへんと
ちゃんと言うのが、一番良い。

酔っ払いでも、客は客。
ちゃんと説明してさしあげる。

「閉店まであと三十分しかないんです。
あなたをシャーリーズ・セロンにするには
三十分では無理です。
これが私の名刺です。都合の良い時に予約入れてください。
たっぷり時間をかけて、シャーリーズ・セロンになりましょう」
(にっこり)

たったの三十分でシャーリーズになれるのは
シャーリーズ本人だけや。



人気ブログランキング






いつものように機嫌よう化粧をしていた。


IMG_1123


ふと膝に目をやった。


IMG_1124

そこにいたのは毛虫だった。

と、思ったら、
私のつけまつ毛だった。


びっくりしたなぁ、もう。


IMG_1121

私が愛用しているつけまつ毛たち。
Walmartで調達している(安いから)

どれも同じに見えるが、ちょっとずつ違う。

向かって左は、昔愛用していたもの。
真ん中は今の一番のお気に入り。
右は間違えて買うたもの。

まあ、このまつ毛だけが落ちてたら
虫に見えるよね。


人気ブログランキング

このページのトップヘ