浪花女のサバイバルinアメリカ

20年の国際結婚に終止符。いつの間にかアメリカ生活27年。 そんな私の日常です。

タグ:美容部員

大人の事情1
大人の事情2

化粧品売り場マネージャーのアシュレーから
オフィスに呼び出された。

こういう場合、あんまり良いことはない。

アシュレーは書類に目を落としたまま
話し始めた。

「日曜日にね、ミステリーショッパーが来て、
あなたの態度が気に入らなかったらしいの。
本来はクビになるところやけど、
会社としてはあなたを失いたくないの。
だから、あなたには他の売り場に異動してもらうわ」


え?


「あなた、覚えない?」


FullSizeRender



ないけど・・・
そんな、客怒らせるようなことしてへんで・・・

ミステリーショッパーとは、覆面調査員のことで
客のふりしてやって来て、
私たちの接客態度を見る。

どんだけアメリカナイズされてる言うても
日本人の私。

接客態度だけは他の店員より良いのに。



「私、何したんですか?」

「実はそのミステリーショッパーは
某ラグジュアリーブランドのレプレゼンタティブの妹で、
買い物に来た時のあなたの態度が気に入らなかったて言うのよ」


それって、ミステリーショッパーやないやん。

私の大ボス(会ったこと一回もないけど)の家族やん。

大ボスは私のボスやが、その妹は何様でもないやんか。


彼女が私を気に入らんかったからって、
私、クビ?マジで?


てか、何がそんなに気に入らんかってん?


「リップライナーが欲しいって言うたのに、
あなたは彼女に椅子に座ることも勧めず、
新色の口紅を見せることもなく、
メイクオーバーのオファーもしなかったって話よ」

確かに、私らの仕事は
できるだけ客を椅子に座らせて
スキンケアなりメイクなりを
試してもらわんとあかん。

ブランドと店側の言い分やと
全てのお客さんを座らせて
なんか塗りたくって、なんか買わせなあかん。


しかし、物事そないマニュアル通り進むわけはなく、
急ぎの客もいてるし、
他人に顔触られたくない客もいてるし、
もうすぐメイクの予約してる客が来るから
私の方に時間がないということだってある。


これでクビやったら、化粧品売り場全員
辞めてもらわんならん。あほらしい。

ていうか、アシュレーが言うてる「日曜日」は
めっちゃ暇な日で
私が応対した客は、三組ほどしかなかったのに
私はこの話に
全く覚えがないのだ。



しかし、何を言っても、
言い訳めいて聞こえると思ったので
黙ってアシュレーの話を聞いていた。

そしてその時は自分の立場より
脳の老化の方が
本気で心配になった。

だって、ほんまに何にも覚えてないんやもん。

大人の事情1

私が働いてる店では、
化粧品売り場の店員は
デパートと化粧品会社から給料が出ている。
(多分、どこもそうだと思う)



FullSizeRender


デパートに働いているという形だが、
実際の雇い主は、デパートと化粧品会社の両方ということだ。

しかし私の見る限りでは
力関係はデパートの方が強い。
そしてたいていのことは
デパートに決定権があるんやないかと思う。



私が働く某ラグジュアリーブランドは
この店では新人が育たない、誰も続かない、
ものすごく働きづらいカウンターだ。


イジメは日常茶飯事だし、
お金持ちの常連客は御局様が押さえているので
他の美容部員が
大きなセールスをゲットするのは至難の技。

私も働き始めた当時は
イジメとストレスで、体重が一気に減った。
今は倍にして取り戻したが。

どんなにメイクがうまくても
どんなに商品知識があっても、
御局様以外の美容部員には
それを披露するチャンスは、ほとんどなかった。


たいていの人は次の仕事が見つかり次第逃げ出すので
続いて半年。

仕事が見つからんでも
数日、数週間で辞めて行く人もいた。


生活がかかっている私は
そう簡単に辞めるわけにもいかず、
何度も異動願いを出した。


しかし聞き入れられることはなかった。


それが、向こうから私を追い出してくれるというのだ。

納得いかん部分も大いにあるが、
望み通り、某ラグジュアリーブランドから解放されるというわけだ。


続く


人気ブログランキング

このページのトップヘ